MOVE with AWARENESS

カスタム検索

サイトの使い方

サイトマップ

コンタクト
コンタクト


YouTube チャンネルを登録しませんか





アドラー 人生を生き抜く心理学 NHKブックス

アドラー心理学の入門書ですが、アドラーの言葉自体はとても難解な心理学書とは思えないのでほっとしています。


フェルデンクライス身体訓練法―からだからこころをひらく

解説: Feldenkrais博士の最も一般的な著書だがそれでも読んだだけではなんともし難い。まずレッスンに参加してみよう。私がFeldenkraisにはまったのはこの本によるところが多いです。まさに名著。


Body Awareness as Healing Therapy: The Case of Nora

書籍ですが現在Amazonでは英語版のみの取り扱いです。日本書名「脳の迷路の冒険」です。はやく復刻すると良いんだが。脳梗塞からの回復の記録で、その内容は脳の機能や構造を想像させるものです。上のオンライン閲覧で英語版を完全に読めます。


心をひらく体のレッスン―フェルデンクライスの自己開発法

ATMレッスン場面をそのまま書き出した本。レッスン中に繰り広がられるフェルデンクライス博士の講義がとても面白い。


The Feldenkrais Method: Teaching by Handling

Feldenkrais MethodのマニピュレーションであるFunctional Integrationを科学的に視点で解説した名著。もしこの本がなかった私は今も迷いの中にあったろうに。上のオンライン閲覧は部分的で、全ページは読めません。


原初生命体としての人間 ― 野口体操の理論

フェルデンクライス レッスンではレッスンの目的が暗示されるだけであまり言葉では語りません。この本を読み返すたびにフェルデンクライスとはこういうことをしたかったんだ、言いたかったんだとわかるような気がします。手放せない本の一冊。その他野口体操関連書は数冊あり。


ユーザーイリュージョン―意識という幻想

情報理論から意識の正体を探る本。コンピュータと人間の関係性を考えさせられる。とても面白いので要約を作りました


李陵・山月記―弟子・名人伝 (角川文庫クラシックス)

青空文庫で閲覧

中島敦の「名人伝」は学習方法に関する古代の知恵を暗示するものです。安価なので是非一読を。ただし仮名遣いが古いので読むのに一苦労です。青空文庫での閲覧で全文を読めますが、横書きで読みづらいです。


私の声はあなたとともに ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー

催眠療法家のミルトン・エリクソンはその語りで人を改善に導く天才でした。


生き物は円柱形

生物学者の本川さんの生き物の本質に関する発見があります。生き物が円柱形!私人のイメージと合致しているだろうか?


MIND HACKS

心とはどう動作しているのかをエクササイズ付きで解説しているとてもユニークな本です。署名は英語ですが日本語版です


Solution Oriented Hypnosis

ミルトン・エリクソン系の催眠の本質にせまる本。Feldenkraisとの関連性は個人的な感覚で判断しましょう。私は「ATMを行う」と教師が言った途端に意識レベルが低下していくのを感じています。

未完成ながら要約を作りました。

Monsters & Magical Sticks

要約

ミルトン エリクソン系の催眠に関する本で催眠の基礎理論が豊富。


inserted by FC2 system