MOVE with AWARENESS

カスタム検索

サイトの使い方

サイトマップ

コンタクト
コンタクト


YouTube チャンネルを登録しませんか

4-2-1 仰向けで肩がテーブルから不随意に持ち上がっていたら If a shoudlers are lifted off the table involuntarily

Please refer to "4. A classification of Manipulons 2 Conforming Manipulons" in Teaching by Handling.

仰向けで肩がテーブルから不随意に持ち上がっている場合、さらにもう少し持ち上げるか、あるいは単に支持することでこのかたよりを増やす。


4-2-2 仰向けで両足が不揃いに外反していたら If a foot is everted differently

Please refer to "4. A classification of Manipulons 2 Conforming Manipulons" in Teaching by Handling.

両足が不揃いに外反していたら、教師は外反のより少ない方の足を真ん中に持ってくるように助力する。


4-2-3 仰向けあるいは横向きで頭が前方へ屈曲していたら If head is flexed forward

Please refer to "4. A classification of Manipulons 2 Conforming Manipulons" in Teaching by Handling.

頭が前方へ屈曲していたら屈曲を増やす。


4-2-4うつ伏せで体幹が側屈していたら If trunk is flexed sideways

Please refer to "4. A classification of Manipulons 2 Conforming Manipulons" in Teaching by Handling.

(体幹が)横に曲る傾向が見られたら教師は同じ側の膝を前に引き出し、同じ側の腕を屈曲して顔の前に手を持っていって、横曲がりした方の骨盤と肩甲骨がテーブルから持ち上がるようにする(訳注:もっと側屈と屈曲を増加)。


4-2-5 うつ伏せで呼吸への順応 Conforming to breathing

Please refer to "4. A classification of Manipulons 2 Conforming Manipulons" in Teaching by Handling.

頭をどちらかに向け教師は顔が向いた方に座り呼吸動作を観察する。両手を肋骨において教師は息を吐くのを援助するか、骨盤と胸が互いに近づくのを援助する。息を吸う動作が始まると教師は両手をそのままにして、呼吸が起きるのを許し次の吐く動作とともに行く。生徒のシステムが設定するリズムを教師は許す。


inserted by FC2 system