MOVE with AWARENESS

カスタム検索

サイトの使い方

サイトマップ

コンタクト
コンタクト


YouTube チャンネルを登録しませんか

正座から立ち上がる

48秒から始まる左下腿の回転の様子に注目


床から立ち上がる

床から起き上がることの美しさを見て下さい


赤ちゃんが正座から立ち上がる

解説:脚の使い方に注目


椅子から立ち上がる -膝を前へ出さない-

著書「Awareness Through Movement」(日本語版:「フェルデンクライス身体訓練法―からだからこころをひらく」)最初のレッスンでモシェ フェルデンクライス博士は「良い姿勢はなんぞや」と訪ねている。椅子に座った姿勢から立位へ、そして座位へと戻るレッスンだ。 もしヘルスメーター(体重計)の上に足を乗せていて、その体重計があなたの体重を超過しないように立ち上がるにはどうしたら良いかと尋ねる。言い換えると、地上へ落ちないで立ちがる方法だ。この動きを効率よく行うにはどうする。

膝の位置を維持したままで、太腿を骨盤の方向へ動かすことが、体重を抑制するキーの一つだ。この動画では二つの方法で立ち上がってる。

よーく見ましょう。最初の二回は、Anna Lisaは大腿骨を前方の空間へ動かしているので体重が地上へ落ちて、神経系は前方への落下を予防しようとする。動きはゆっくりで、非効率的で、筋肉は前方へ落下しないようにしている。

二つ目の立ち上がり方法では、膝の空間位置で保ったまま、実は大腿骨を骨盤あるいは股関節方向へ動かしている。これによって身体が丸々のをやめ、背骨が伸びている。地上から体重がより効率よく、軽く持ち上げられる動きが起きている。


10 Getting up

椅子から立ち上がる、さらなる方法。


How to sit and stand up


椅子から立ち上がらせる

野口修男指導によるいろいろな方法で椅子から立ち上がるFI


The Feldenkrais Method with Oli Wiles


inserted by FC2 system